190630 柏木由紀プロデュース「僕の夏が始まる」公演初日

AKB48『僕の夏が始まる』公演初日:
岡部麟「ゆきりんさんには学ぶことが
多いです」

「この公演での目標はオタクにならない
ことですね!」
AKB48柏木由紀が考案したセットリストによる新公演「僕の夏が始まる」公演の2019年6月30日に初日を迎えた。同日の夜にメディア向けゲネプロが行われた。

今回の公演初日に出演していたチーム8・チームAキャプテン兼任の岡部麟。

自己紹介MCのテーマは「この公演にかける意気込み」だった。岡部は「私のこの公演での目標はオタクにならないことですね!」と語ると周囲から「どういうこと??」と。

岡部は笑顔で「私は元々AKB48のファンでした。ゆきりんさんや大好きな大先輩がいると、オタクが出てしまうんです(笑)『あ!ゆきりんさんが歩いてる!』って。だから、この公演中では先輩たちに絶対に負けないぞ!という気持ちで頑張りたいです」と意気込みを語っていた。

ユニットでは柏木、岩立、浅井とともに『最後にアイスミルクを飲んだのはいつだろう?』を披露。

「柏木さんが今までのAKB48人生で培っ
てきたもの全てを、私たちに教えてくれ
ていると感じました」
ゲネプロ終演後の囲み取材では岡部は今回の新公演と柏木由紀について「メンバーを纏めたり、上に立つ人はこういう感じだと素敵だな、ということをこの公演の練習中にゆきりんさんを見て学びました。『あざとい』と言われることがあったとしても、こういう行動が周囲の人に好かれるんだろうなぁと。

そして柏木さんが今までのAKB48人生で培ってきたもの全てを、私たちに教えてくれていると感じました。ゆきりんさんには学ぶことが多くて、こういう機会を得られて、本当に嬉しかったです」と語っていた。

「AKB48 を応援していてよかったなとフ
ァンの⽅に思っていただけたら嬉しい」
柏木は囲み取材で「シングル曲からアルバム曲、公演曲から、いろんな曲を全部聴いて、劇場公演のタイミングや
今のメンバーで歌ったらいいなと思う曲をどんどんリストアップしていって、流れなどを考えて選曲しました。夏で選んだというよりは、劇場で歌いたいなと思う曲を選びました。

今⽇の公演に向けてはこの 16 ⼈でレッスンしてきたんですけど、みんなすごく本当に⼀⽣懸命で、ステージにかける思いだったり、仲間と協⼒するというところが、やっぱり AKB48の良さだなと実感できました。

ボイトレや円になって⾛って発声して、体⼒づくりや歌の練習の時間をとったり、公演曲もいろんな表現や個性を出せるように選んだので、各々がこの1公演の中でいろんな⾃分を⾒せれるようにいっぱい考えて、劇場に⽴つ楽しさだったり、もっともっと⽴ちたいと思ってくれて、いろんなアイドルやグループがいる中で、もしかしたら⽬⽴った活動ではないかもしれないけど、やはり私たちは劇場を⼤事にしていきたいので、そうゆうAKB48 を応援していてよかったなとファンの⽅に思っていただけたら嬉しいなと思います」とAKB48への想いを語っていた。

https://okmusic.jp/news/343472

柏木由紀 AKB48の良さは仲間と協力するというところ

6月30日、柏木由紀(AKB48 Team B)が考案したセットリストによる新公演「僕の夏が始まる」公演の初日を迎えた。

●AKB48 の夏が始まる︕
本⽇ 6 ⽉ 30 ⽇(⽇)AKB48 劇場にてまた新たな公演が始まりました。柏⽊由紀が考案したセットリストによる「僕の夏が始まる」公演。

幕が開き、イントロからあまり馴染みのないメロディーが鳴り響くと、会場のファンも「何が始まるのか」と期待と⼾惑いでどよめく中、「3 つの涙」(「真夏の Sounds good︕」のカップリング)からスタート。続く 2 曲⽬は 2010 年発売のアルバム収録曲の「Seventeen」、そして「やさしさに⽢えられない」など、今までの公演やコンサートでも歌われたことの少ない楽曲が続きましたが、本⽇のメンバー16 ⼈が⼀⽣懸命練習してきたというパフォーマンスに圧倒され、会場のファンもそれに応えるかのように⼀体感を増していきました。

ユニットコーナーでは、⼩栗有以、⻄川怜、⼤盛真歩による「さっきまではアイスティー」(「唇に Be My Baby」カップリング)でのふんわりとした可愛さや、倉野尾成美、鈴⽊くるみ、込⼭榛⾹、安⽥叶による「Oh!Baby!」(2015 年アルバム「ここがロドスだ、ここで跳べ︕」のチーム A 楽曲)での可愛くセクシーなパフォーマンス、「⼥神はどこで微笑む︖」では劇場公演では初の 2 ⼈ユニットとなる岡⽥奈々、村⼭彩希のゆうなぁコンビでの迫⼒あるダンスと歌など、これでもか︕というほどの隠れた名曲のオンパレードで、それぞれのメンバーの個性と良さが光る公演となりました。

途中 MC では、メンバー内の仲の良さが伝わるエピソードがありました。3期の柏⽊由紀が 16期の安⽥叶に対し「結構期が離れてるけど、因縁の仲なの︕」と打ち明け、柏⽊の顔を⾒ると笑ってくることや、ダンスレッスンでぶつかった時、私が間違えたように⾔ってきたけど本当は(安⽥)叶が間違ってたと訴えつつ、「ライバル⾒つけた︕」と宣⾔。パフォーマンス中にもチームや期もバラバラのメンバーたちがそれぞれにアイコンタクトをしながら公演を⼼から楽しんでいる様⼦に、会場全体が温かい空気に包まれました。

アンコール明けは、「脳内パラダイス」で明るく軽やかに会場を盛り上げ、「⽔夫は嵐に夢を⾒る」では⼒強くコールを煽り、そしてラストの曲「ポニーテールとシュシュ」のイントロが始まると歓声が上がり、本公演タイトル「僕の夏が始まる」とあるように、明るい夏の始まりを感じさせながら、公演初⽇は幕を閉じました。

来週 7 ⽉ 7 ⽇(⽇)から約 4 年ぶりとなる AKB48 の全国ツアーがスタート︕

AKB48 の夏が始まります︕ 乞うご期待ください。

●囲み取材コメント(⼀部抜粋)
【柏木由紀】
シングル曲からアルバム曲、公演曲から、いろんな曲を全部聴いて、劇場公演のタイミングや今のメンバーで歌ったらいいなと思う曲をどんどんリストアップしていって、流れなどを考えて選曲しました。夏で選んだというよりは、劇場で歌いたいなと思う曲を選びました。

今⽇の公演に向けてはこの 16 ⼈でレッスンしてきたんですけど、みんなすごく本当に⼀⽣懸命で、ステージにかける思いだったり、仲間と協⼒するというところが、やっぱり AKB48 の良さだなと実感できました。

ボイトレや円になって⾛って発声して、体⼒づくりや歌の練習の時間をとったり、公演曲もいろんな表現や個性を出せるように選んだので、各々がこの1公演の中でいろんな⾃分を⾒せれるようにいっぱい考えて、劇場に⽴つ楽しさだったり、もっともっと⽴ちたいと思ってくれて、いろんなアイドルやグループがいる中で、もしかしたら⽬⽴った活動ではないかもしれないけど、やはり私たちは劇場を⼤事にしていきたいので、そうゆう AKB48 を応援していてよかったなとファンの⽅に思っていただけたら嬉しいなと思います。

【向井地美⾳】
48 グループ全体で 1,000 曲以上ある中から、普段披露する機会があまりなかった曲をゆきりんさん(柏⽊由紀)が選んでくださって、いろんな曲を新しい形で、AKB48 の良さを伝えることができる公演ではないかなと思います。たくさんの名曲を掘り出してくださったゆきりんさんにとても感謝しています。

今回の公演をゆきりんさんが考案してくださったり、他にもいろんなメンバーが⾃ら発案して何かをしようということが最近の AKB48 はすごく多くて、この公演のリハーサル中でも先輩後輩関係なく、積極的により良くしようと意⾒を出し合って創っていったり、与えられたものをただやるのではなくて、⾃分たちから創り上げていくというのが今の AKB48 にできる良さなのかなと思います。それを全メンバー通してこの公演でやっていきたいなと思いますし、この夏、AKB48 は待ちに待った全国ツアーも控えているので、「AKB48 の 2019 年夏始まったな」とファンの⽅にも、そうじゃない⽅にも思ってもらえるように全⼒で届けて⾏きたいなと思っています。

©AKS

https://entameclip.com/news/157735

AKB48の新公演『僕の夏が始まる』が30日、東京・秋葉原のAKB48劇場で初日を迎え、セットリストを考案した柏木由紀をはじめ、岡田奈々、向井地美音ら16人が出演。あごから汗をしたたらせるほどの全力パフォーマンスでAKB48の夏の始まりを告げた。

【写真】その他の写真を見る

 柏木はAKB48のシングル、アルバム、劇場公演曲、チームサプライズ(パチンコ)の楽曲を1日3時間、約1ヶ月かけて聴き込み、AKB48のメンバーの個性や表現力を引き出せる16曲を厳選。公演タイトルは後付けで、「夏曲を選んだというよりは劇場公演に映える曲、今のメンバーで歌ったらいいなと思う曲」をリストアップしていったといい、「ファンの方の間で賛否両論あると思うんですけど、そこも込みで何か話題になればいいなと。好きな曲を1曲でも見つけていただけたらなと思います」とセットリストに込めた想いを明かした。

 オープニングはレア曲「3つの涙」を投入した。同曲は2012年にAKB48を卒業した前田敦子参加のラストシングル「真夏のSounds good !」(2012年5月発売)のカップリング曲で、表題曲に参加していないメンバーによる歌唱曲。本番前の公開ゲネプロで柏木は「『3つの涙』は正直自分でもあまり聴きなじみのない曲で、私もメンバーとしてまだまだだなと聴きながら思った」と打ち明けた。

 昨年3月に行われた『AKB48グループ センター試験』で1位となった向井地美音も「AKB48の楽曲にはかなり詳しいと自分で思っていたんですが、今回のセットリストをやるにあたり、4~5曲くらい歌詞を知らない曲があって、寝る時にずっと聴きながら練習していました」と告白したほど“隠れ”名曲がふんだんに盛り込まれている。

 今回の公演では「歌」に力を入れたという。柏木は「いつも振付で手一杯なので、ボイトレを何日もやったりとか、体力づくりと歌の練習を頑張りました」と明かす。その積み重ねの中で後輩たちに劇場公演に立つ楽しさを知ってもらい、それを観た観客の心を動かしたいと願う。「いろんなアイドルやグループがいる中で、目立つ活動ではないかもしれないんですけれども、私たちは劇場を大事にしていきたい。そういうAKB48を応援してきてよかったなとファンの方にも想っていただけたらうれしいなと思います」と言葉に力を込めた。

 初日出演以外のメンバーにもチャンスがあり、実際に柏木やスタッフに「絶対出たいです。覚えてきます」と志願してきたメンバーもたくさんいるという。レア曲も多く、今後出演するメンバーは振り入れが大変なのではという質問に対しては「初日に立ちたかったメンバーたちもたくさんいると思いますが、あえてゲネプロを観に来て勉強しにくるメンバーの姿を見ると、大丈夫なんじゃないかなと」と後輩たちのモチベーションの高さに目を細め、「いよいよメンバーながらにスケジュール調整にも入って、頑張ってたくさんのメンバーが出られるようにしたいと思います」と請け負った。

 AKB48にとって総選挙のない初夏は2008年以来11年ぶりだった。この日の出演メンバーでは柏木以外は全員が初めてのことで、雌伏して時を待つなか、6月最後の日に新公演をスタートさせた。蓄えていたエネルギーを爆発させたメンバーは、あごから汗をしたたらせるほどの大熱演。“劇場の女神”と呼ばれる村山彩希は「自分が一番汗っかきかなと思っていたんですけど、意外と柏木さんが前髪がなくなるくらい汗をかいていて気合の入り方が違うなと思ったので、この場で一番汗をかけるように頑張りたい」と対抗心を燃やした。

 チームKキャプテンで15期生の込山榛香は「AKB48は48グループで活動することが多くて、AKB48(単独で)活動することはあまりなかった気がします。この16人以外にも他のAKB48メンバーも出られるということで、AKB48の居場所をゆきりんさんが改めて作ってくださったことに感謝して、頑張っていきたいと思います」との言葉に後輩たちの決意が集約されていた。

oricon.co.jp/news/2138790/full

Source

okmusic.jp/news/343472
entamenext.com/articles/detail/2524
jiji.com/jc/p?id=20190630212741-0031899802
entameclip.com/news/157735
thetv.jp/news/detail/195618/p2/
oricon.co.jp/news/2138790/full/
news.dwango.jp/idol/38828-1907
edgeline-tokyo.com/entertainment/33224
mdpr.jp/music/1847690
walkerplus.com/article/195622/

Pages: Page 1 Page 2

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *